北海道開発物流
news

物流新時代のアイテム機器のご紹介

 北海道物流開発株式会社は、7月8日(木)札幌市手稲区富丘にある、アイビック食品株式会社様のフィッシング&アウトドア「コルソ札幌」での冷凍自動販売機の商品販売開始に伴い、 非対面で24 時間販売できるサンデン・リテールシステム㈱の冷凍自動販売機「ど冷えもん」、バックヤードに冷凍庫として冷凍商品を保管できるコールドロールボックス「レボクール」及び拠点倉庫から店舗への商品配送システムを物流新時代のアイテムとして、パッケージでご提案させていただきました。アイビック食品様では、昨年より様々な外食応援の取り組みを行ってこられ、今回の冷凍自動販売機での販売もその一つとして、新型コロナウイルスの影響を受け困っている、多くの飲食店・食品会社の 販路拡大のために何かできることはなかと立ち上げられたプロジェクトです。 道内各地の様々な味が楽しめるのが最大の特徴です。是非お立ちより下さい。※冷凍自動販売機での商品販売は7月10日(土)から既に販売されています。
物流新時代アイテム